あほうどりの価格!

息子もたいへん気に入ったようで!11わめのあほうどりが部屋に入るところで毎回大爆笑です。わが家の3才児は!数字にとても興味を持っている年ごろなので!あほうどりを数えるところが気に入っています。。

コチラです!

2017年04月27日 ランキング上位商品↑

あほうどり11ぴきのねことあほうどり [ 馬場のぼる ]

詳しくはこちら b y 楽 天

無性にコロッケが食べたくなるお話!おいしいですよねっ☆お気に入りの本。私が子供の時お気に入りの一冊でした。なつかしくなって購入しました。私が子供のころ、今もアホですが当時もアホだったのですが、この本を読むたびに『飽きるほどコロッケ食べてみたーい♪』と、コロッケ食べまくる妄想に浸っていました。私が幼稚園児だった頃に大好きだった絵本です。可愛くて楽しい!ちょっとブラックユーモアありの絵本です。この前、こぐま社から送られてきたDMを見て、この絵本のことを思い出し、幼稚園から子供が借りてきたのですが、子供も「他のお話しを読んでみたい」と言うので、クリスマスプレゼントとして購入することにしました。4歳の娘には!猫のもくろみが失敗に終わったということは理解できないようですが!巨大なあほうどりの出現に興奮していました。ねこたちの言動が、我が家の子供たちを絵本の中に引き込んでいきます。猫は鳥が好き!という前提をまだわからない4歳の娘に読みました。ずる賢いような!そうじゃないようなねこちゃんたちが大好きです!そして!この話を読むと!コロッケが食べたくなります(笑)自分が幼い頃に読んでいて!大人になった今子供の為にと言いつつ自分も改めて読みたい作品です。私は、コロッケを11ぴきが作るページ、大きなテーブルで11ぴきがコロッケを食べているページが好きです。息子が幼稚園の発表会でこの演目をやるというので購入。コロッケ。子供も同じ年頃になり!学校にもあるそうです。姪のお誕生日プレゼントに購入しましたが、大変喜んでもらえました。かわいくて、ちょっと残酷!?なかなかのチームワーク(笑)毎回読んでいても楽しくなり、親子で笑いの絶えない大好きな絵本です。自分も子どものころ気に入って,何度も読んだのを思い出しました。『14ぴきのねこ』とどちらを買うか迷いましたが!こちらのほうが文字量が少ない!自分が子どものころに好きだったので!こちらにしました。それにしても。でも数は20くらいまで数えられるので!あほうどりの数え方がおもしろいようでした。(※その後!『飽きるほどコロッケ食べてみたーい♪』と母親に口走ってしまい!近所の惣菜屋で母がコロッケを10個買ってきて夕食に出され!4個でリタイヤした経験があります。大変気に入って見事主役の猫を射止めてきました。といっても猫とあほうどりしか出てきませんが・・・(笑私も幼少の頃毎日読んでコロッケを母親にねだった記憶がある、大変思い出深い本です。娘といっしょに楽しみたいと思います。。鳥の丸焼きが食べたくて、親切なふりして、あほうどりの家に行きますが、予想外に巨大なあほうどりが登場して、結果的にあほうどりにとって親切な猫としてふるまうことになったのを面白く描かれていて、大人も楽しめました。買ってよかったです。何回も読んでます。子供心にちょっと怖かったあほうどり、読んだ後にクスっとする内容と癒しの絵がとても素敵な一冊です。」と持ってくることがしょっちゅうです。子供もお気に入りの一冊になったようです。11ぴきのねこシリーズは!どの本もとてもユーモラスでお薦めです。寝る前に「読んで。懐かしい〜。。でも今もコロッケはスキです♪)私が小学生のころに読んだお話をクリスマスにプレゼントしました。それくらい楽しいお話です。将来!孫に引き継いでいけるといいな。小学生の息子の夏休み読書用に購入しました。おすすめです。娘もとても気に入って,何度も繰り返して読んでいます。昔、私が大好きでよく読んでいた絵本です。子どもの頃だいすきだった本です。